遠距離恋愛で別れてから復縁した例は

別れたくないけど、会えない期間が長すぎて・・・別れからの復縁

スポンサーリンク

普通の恋愛ならどんなに幸せだったか。。。。
そう思ってしまうのが遠距離恋愛の難しいところのひとつです
 
お互いに抱えるものもあり、多忙な中でホッとできる
時間がとれずに、自然に関係が消滅していくことも少なくありません。

 

本来なら一緒の時間を過ごす中で、問題解決も
できるはずがかえって問題を起こすこともあります。

 

遠距離恋愛で気持ちが離れていくとき

 

「人間は一人では生きていけない」よく耳にする言葉ですね。

 

パートナーがいる人には身にしみる言葉だと思います。

 

遠距離で会うのが困難な状況ではなおさらのこと、
一人ってつらいことでしょう。

 

打ち込めることがあって一人で頑張っていても、
少しつまづいただけで愛情を求めてしまうことが多いのです。

 

幼い子供が大好きな母親にいつもいて欲しいと願うように、
お互い一緒に時間を共有したいと思うのが自然なことで、
それが実現できないと感情がだんだん離れていくのに
つながります。

 

こんなに苦しんでるのに、会うことさえできないなら
もっと苦しい、いっそのこといつも一人でいた方が
いいのかもしれない。。。。。

 

時間のの経過とともに相手への気持ちも薄らいでいくのが落とし穴です。

スポンサーリンク

 

彼氏から離れられない

 

遠距離恋愛をしていくうえで覚悟が必要なことは、
二人の時間が取れないのを相手と距離のせいには
できないということだと、私は思います。

 

私も何度交際をやめようと思ったかしれません。

 

相手は多忙で仕事中は電話ができなかったし、
メールくらいは送ってほしいと携帯に連絡しても
なかなか返事は来ませんでした。

 

 

我慢も頂点に達した頃。他に好きな人ができたわけ
でもないのですが、私は別れを切り出しました。

 

とりあえずメールで要件を残し、会える時に話すつもりでした。

 

次の日の夜、仕事を終えて帰り支度をしていた
私の携帯が鳴りました。「外にいるけど出てこれる?」

 

と彼の声を久しぶりに聞いて、慌てて階下に降りると
スーツ姿のままの少しやつれた彼が立っていました。

 

その時の彼の第一声は、「ごめん」でした。

 

彼が連絡もなかなかつかなかったのはただ忙しかっただけでなく、
体調も崩し、携帯電話に出られない状況だと聞きさらに
自分が恥ずかしくなったのです。

 

なぜ、自分から会いに行かなかったんだろうと
後悔しました。彼はメッセージを見て、
仕事を片づけると片道2時間半の距離を
必死で運転してきました。

 

信じて待っているか、自分から会いに行けば
真実を知ることができて、彼を苦しめることもなかったと、
今でも後悔しています。

 

それだけが理由ではないのですが、現在の主人が彼です。

関連ページ

遠距離恋愛で時には距離をおいて連絡を取らないのも必要
遠距離恋は距離がそれほど離れていなくても、海外でも続けていくのは辛いものです。このサイトは遠距離恋愛で不安になること・上手く行かせるためのコツ・別れてしまった人がしてしまった間違えなど 成功・失敗例を紹介して行くサイトです。ここではお互いの気持にずれが生じたら距離を置くことの大切さを解説します。