遠距離恋愛で連絡を控えて距離を取る大切さ

お互いに気持ちのズレが出たら、連絡を取らずに気持ちを冷やすこと

スポンサーリンク

遠距離恋愛を長く続けると、気持ちにも
浮き沈みが多くなって、ちょっとしたことで
喧嘩したり、相手の存在がうっとおしく
感じたりすることがあります。

 

自分の気持ちが落ち着いていれば、多少会えなくても
不安になったり相手に対して不快に感じることは
あまりないことです。

 

「会いたいときに会う」「会うのが当たり前」
といったひとりよがりが、相手との気持ちの
ズレの原因になることが多いですよ。

 

 

遠距離を近距離に変えてみる

 

「自分は遠距離恋愛している」という意識が、
逆に負担になっていることはありませんか?

 

他の恋人同士の恋愛事情と比べるのも、
自分を追いつめることになるので、自分をしっかり
見つめ直す必要があります。

 

好きになって交際を始めた相手が、偶然遠く離れた
ところに行ってしまっただけで、感情はいつも近くに
あるのではないですか?

 

心の中にいつも相手の存在がしっかり
しみついていれば、近い存在なのです。

 

ただ、それに気が付くか気が付かないかで二人の関係
が大きく変わります。

 

片方ではダメなのです。お互いが気づくことが大事
ですから、短いかもしれない二人の時間を大切にして、
多くの会話を交わすことで結果は必ず出ます。

スポンサーリンク

 

距離を置く発想の転換

 

結果が悪く出てしまうこともあるでしょう。相手の反応が
少なくなったり、連絡も来なくなったりしたらどうしたらいいでしょう?

 

ここで心配のあまり、暴走してはすべてが終わりかねないのです。

 

二度と会えなくなったりするよりは、気持ちをガラッと
切り替えてしばらく距離を置いてみるのもいいと
思うのです。

 

原因がどちら側にあろうと、時間が自然に
解決してくれることも少なくありません。

 

自分にも相手にも「個人の時間」は必要で、
その時間を邪魔されると気分も悪くなり、
しばらく何も起こらない時間があると、二人の間
にも何もなかったかのように元通りの時間が
訪れることでしょう。

 

 

距離を置いた分、交差していたお互いの気持ちが
平行に軌道修正されたのです。

 

ここからは新たな二人のあゆみの始まりです。

関連ページ

遠距離恋愛で別れてから復縁した例も
遠距離恋は距離がそれほど離れていなくても、海外でも続けていくのは辛いものです。このサイトは遠距離恋愛で不安になること・上手く行かせるためのコツ・別れてしまった人が再会して復縁したお話です。